サテライトオフィスの設置メリットについてご紹介!

サテライトオフィスは移動時間の節約で業務効率アップ

サテライトオフィスは移動時間の節約で業務効率アップ 両親や家族の介護をしながら仕事を継続したいと思っていてもなかなかできないという人や、子供の教育を考えて地方に移住したいと考える人、自分の趣味やライフワークを大切にしたい人などがいます。
仕事とのバランスをとりたくても難しく、特に時間を効率よく使うことができないことが要因といわれています。
ここ数年、働き方改革の実施もあり、テレワークやサテライトオフィスの利用が少しずつ進んでいるようです。
サテライトオフィスとは、勤務先の事業所や、勤務先が認めたレンタルオフィスなどで業務をすることです。
地方とまではいかなくても、首都圏近郊に住居を構えると移動時間だけで数時間かかります。
この時間をロスと考え、サテライトオフィスを利用することで数十分の移動にし、業務効率をアップさせるという考え方です。
介護をしながら自分の仕事を大切にできるなら、介護離職問題の解消にも一役かえます。
また、企業が優秀な人材を確保しておけることも大きなメリットです。

地方での事業拡大ならばサテライトオフィス

地方での事業拡大ならばサテライトオフィス 地方におけるビジネスチャンスをつかもうとするとき、拠点をつくらなければいけません。
支社や営業所といったものを作る場合もありますが、その場合には都市部にある本社を規模などが異なるものの独立して動ける拠点としてそれなりのオフィスや設備を用意する必要があります。
社員が地方で動けるようにするためだけのサテライトオフィスであれば、最低限のオフィス・設備で済みますから資金力に劣る中小企業でも地方での事業拡大ができます。
拠点さえ作れば、新しい取引先を開拓できますし、地方の優秀な人材を見つけることもできますから、小さい投資で最大の効果を得られます。
そこで成功してサテライトオフィスでは対応できなくなれば、あらためて支社や営業所を作り本格的に地方での事業を展開していけばよいでしょう。
サテライトオフィスならば、もし失敗したとしても、速やかに撤退できます。
スムーズな撤退は、損失を最小限に抑えることができますから次のビジネスチャンスに挑戦しやすいです。

新着情報

◎2021/2/12

サテライトオフィスの環境
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

サテライトとテレワーク
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

サテライトオフィスの導入方法
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

コミュニケーションの注意点
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「オフィス 事業」
に関連するツイート
Twitter

スタートアップで「事業成長が全てを癒す」は真理。こだわり抜いた人事制度や華やかなオフィス、メディア露出や登壇機会なんて無くても、どんどん伸びていく実感さえあれば未来にワクワク出来て組織は頑張れてしまう。まずやるべきは顧客に対する圧倒的な価値貢献で事業を成長させること。

バックオフィス(経理・労務管理)やって、製造やって、商品開発やって、広報やって、補助金助成金やって、カフェ立って、イベント行って、事業計画練って、営業やって、彼女をめちゃくちゃ幸せにしてる自分に自己満してるうちは経営者としてはダメダメ。少しずつIT・DX化しつつ、お任せするものは任せる

中国系オンラインカジノ事業(POGO)の撤退で不動産危機を懸念。不動産コンサルタントはPOGO事業が全面禁止となればオフィススペースの空室が増加し年間約2,000億ペソの損失を生むと警告。過剰供給で賃料が20年前の水準まで引き下がり半額以下になる可能性があると予測した。

ドイツのノイスにある信用調査会社 クレジットリフォームは、128の拠点で 事業を展開しています✨ この度モダンなグレー色のマーモリウムが 採用されました😊 ▼【クレジットリフォーム新オフィス

/ 札幌オフィス移転のお知らせ \ 当社は、事業拡大に伴う従業員の増加を見据えるとともに、より一層の業務効率化を図るため、2022年9月26日にオフィスを移転いたします。